高齢犬の大変なところ

人と同じくペットも高齢化が進んできました。
今では飼われているワンちゃんの4頭に1頭が10歳以上なのだそうです。
高齢になるとワンちゃんの行動にはどのような変化や症状が見られるようになるのでしょうか。
また、その変化にどのように対処すればいいのでしょうか。
高齢犬の元気と長生きのために、飼い主さんの心構えがいります。

ペットは人間の数倍の速さで歳をとっていきます。
小型犬や中型犬の場合は約7歳で高齢と呼ばれるようになります。
大型犬の場合は約5歳で高齢と呼ばれるようになり、若干の違いはあるものの、高齢の症状はさほど違いはありません。

犬の高齢は人間で言うと45~50歳くらいに相当します。
人もこの頃から体力が衰え始めたり高齢の症状が始まったりする年齢ですよね。
目が悪くなったり、耳が聞こえなくなったり、足が痛くなったり。
ペットの場合も個体差があるものの、やはりこの 頃からさまざまな体の変化が現れます。
そして、今までとは違った観点で健康管理をする必要が出てきます。
老化は基本的な部分では動物も人とほとんど同じだといわれています。

歳をとるにつれて病気に対する抵抗力が落ちてウイルスや細菌に感染しやすくなったり、傷ついた体を元に戻すのに時間がかかったり
外からの刺激に瞬時に対応しにくくなってきます。
さらに視力や聴力といった感覚器官が衰えてきたり、心臓や腎臓など毎日使っている内臓も年齢と共に少しずつその働きが弱まってくるのです。
そのためにも日頃からワクチンをうつなどの予防も大切です。

ワンちゃんも高齢になると体力が低下してくるため、どうしても若い頃よりも運動量が減ってきます。
お散歩の距離が短くても満足するようになったり、すぐに帰ろうとしたりします。
全力で走るというような、ことをしなくなるのが普通です。
しかし、歩き出してすぐに息が上がって座り込んでしまったり、ハアハアと肩で息をするようになったら、「僧帽弁閉鎖不全症」という心臓の病気かもしれません。
これは高齢の小型犬で多く見られる病気です。
不安を感じたらなるべく早く動物病院で診てもらうことが大切です。

また、階段の昇り降りがぎこちなくなったりするのも、よく観察してみましょう。
歩幅が狭くなってきたり、背中を丸めて歩くようになってきたら、手足や背骨の関節が変形したりすると、炎症を起こしている可能性があります。
これは歳をとるにつれてクッションの働きをする軟骨が擦り減ってくるため、関節の骨同士が直接こすれあうため起こります。
このような症状は人間でもみられることで、年配、お年寄りに多くみられます。
放っておくと痛みが生じるため、ワンちゃんは体重を4本足に均等にかけなくなったりします。
あまり動きたがらなくなってくるので飼い主さんも気付くケースが多いです。
もし、ワンちゃんが、じっとしている時間が長くなってるんじゃ?と思ったら病院へ行きましょう。放っておくと筋肉は徐々に衰え、ますます動きたがらなくなります。
これらのしぐさが見られたら早めに診察を受けましょう。

0

Answers





登録、ログインして回答をお願いします