高齢犬のためのご飯

<高齢犬~高齢期の食事>

犬それぞれの個体差はありますが、一般的に「小型犬で8歳~」「中型犬で7歳~」「大型犬では5~6歳」くらいから徐々に老化がはじまるといわれています。
人と同じように犬も高齢になると運動量が減ります。老化とともに身体機能も衰えてきます。
老化現象が現れやすいのが、まずは「目」「耳」あとはすぐに骨折してしまったり、起きている時間が短く寝ている時間が多くなります。
他にも筋肉が衰え基礎代謝が低下するのに伴い、必要なエネルギー量も低下してしまいます。
食欲そのものはあまり衰えなかったりするので、成犬期と同じ食事内容では、カロリーがオーバーしてしまい肥満の原因になってしまうため、食事内容を変える必要がでてきます。
肥満になると内臓に負担がかかるので避けなければいけません。。
高齢期を快適に、少しでも長く過ごすためにも、健康状態に合わせて食事内容を見直すことが肝心なのです。

<高齢犬にはシニアフードが最適>
上記でも説明しましたが、愛犬が高齢にさしかかると今までと同じドックフードではいけません。
高齢犬に必要なエネルギー量と栄養素をバランスよく配合している、高齢期用・シニア用のドッグフードに切り替えましょう。
シニアフードは、低下した消化吸収能力を助けるための配慮もなされているので、とてもオススメです。
通常、老化のサインが少しずつ現れる7歳頃を高齢期としているように、この頃がシニアフードへの切り替え時期です。
シニアフードに切り替えるときは胃腸に負担をかけないようにすることが大切です。
なので、食べ慣れたフードにシニアフードを少し混ぜて、毎日少しずつ量を増やしたり加減したながら徐々に慣らしながら切り替えていきましょう。。
ペットショップには沢山の種類のシニア犬用のペットフードが販売されていますが、愛犬の好きなものが入っているのものを選択すると、スムーズに食べてくれるかもしれませんね。

しかし、超高齢犬ではだんだん食が細くなってくることがあります。
今までのような硬いドライフードは食べれなくなることがあるかもしれません。
そんな時は、ぬるま湯や「無塩」のうすい鶏ガラスープなどでふやかすと、香りが立って食欲を刺激します。
しかも、やわらかくなって食べやすくなるので消化を助けてくれますし、水分の補給にもなるのでオススメです。

成犬の食事回数の基本は1日2回と言われていますが、高齢犬は飲み込む力が弱くなったり、消化吸収能力が衰えたりしますので出来れば1日の分量を小分けして回数を増やしてあげることをオススメします。
そこで注意するべきことは「ずっと食べっぱなしにならない」ということです。
また、いつでも新鮮な水が自由に飲めるようにしておきましょう。
冬はややぬるめに、夏はつねに冷たい水が飲めるように、こまめに入れ替えてあげましょう。

0

Answers





登録、ログインして回答をお願いします